MAGAZINEPLUS
著作権者:国立国会図書館/機械振興協会/経済文献研究会/日外アソシエーツ

1.検索の流れ
MAGAZINEPLUS
ログイン
1. 検索画面
2. 再検索画面
3. 一覧画面
4. 詳細画面
(別ブラウザで開きます)


ログアウト
終了
ログイン
1. 検索画面
検索したい条件を入力し、〔検索〕ボタンを押します。
指定した条件は〔クリア〕ボタンで削除できます。〔オールクリア〕ボタンで指定した全ての条件を一度に削除できます。
検索項目
検索ファイル、刊行年月、キーワード、著者名、雑誌名、出版者名、ISSN/ISBN
2. 再検索画面

ヒット件数が表示されます

a) 検索結果の表示
〔一覧表示〕ボタンを押します。
b) 表示条件の指定
一画面あたりの表示件数単位は「20件ずつ」「50件ずつ」「100件ずつ」「200件ずつ」のいずれかを指定できます。
 *初期設定は「20件ずつ」です。
表示項目は「標題(論文・記事タイトル)」が必ず表示されます。「雑誌名」「著者名」「刊行年月」「出版者」のいずれか2つまで指定できます。
 *初期設定は「標題」「雑誌名」「刊行年月」です。
表示順は「標題(論文・記事タイトル)」「雑誌名」「著者名」「刊行年月」「出版者」のいずれかを指定できます。また「降順」「昇順」も指定できます。
   「標題」  ユニコード順
   「雑誌名」「著者名」「出版者」  読みの50音順
   「刊行年月」  数字順
   「降順」  Z〜A,9〜0,ん〜あ
   「昇順」  あ〜ん,0〜9,A〜Z
 *初期設定は「刊行年月」「降順」で、新しい刊行年順に並びます。
c) 検索結果の絞込み/検索条件の変更
条件を変更して〔再検索〕ボタンを押します。

新たに検索するときは〔検索画面〕タブをクリックします。または〔再検索画面〕で〔オールクリア〕ボタンを押します。
3. 一覧画面

選択した表示件数・表示項目・表示順が表示されます。
*件数課金サービスをご利用の場合「標題」は20文字まで、その他は7文字まで表示されます。

a) 表示条件の変更
表示件数・表示項目・表示順を変更して〔並べ替え〕ボタンを押します。
b) 詳細表示の選択
一画面内に表示された全記事を詳細表示したいときは〔全て表示〕ボタンを押します。
一部の記事を詳細表示したいときはチェックボックスをチェックし、〔チェックしたものを表示〕ボタンを押します。
チェックを一度にはずしたいときは、〔オールクリア〕ボタンを押します。

新たに検索するときは〔検索画面〕タブをクリックします。
条件をかえて検索するときは〔再検索画面〕タブをクリックします。
4. 詳細画面
「標題」 「著者名」 「雑誌名等(雑誌名・別誌名等・ISSN・ISBN・編者・出版者・巻号・刊行年月日・掲載頁など)」 「抄録」 「備考(NDL請求記号・日外整理No.)」が表示されます。
(ブラウザを閉じると詳細画面を終了できます)

新たに検索するときは3.の画面の〔検索画面〕タブをクリックします。
条件をかえて検索するときは3.の画面の〔再検索画面〕タブをクリックします。
ログアウト 終了
検索の流れ 検索項目 論理演算の指定 入力方法 検索結果の閲覧方法 TOPへ
2.検索項目
MAGAZINEPLUS
検索ファイルの指定
検索するファイルを指定できます。
MAGAZINEPLUSに含まれるファイルのうち「雑誌記事索引ファイル」または「学会年報・論文集」を検索対象ファイルとして指定できます。
*初期設定では全ファイルが検索対象ファイルとして指定されています。
*雑誌記事索引・・・「雑誌記事索引ファイル」のみ検索対象となります。
*学会年報・論文集・・・「学会年報・論文集」のみ検索対象となります。
刊行年月からの検索
論文・記事の発行年月から絞込検索ができます。
刊行年は西暦4桁で、刊行月は2桁で入力します(全角・半角どちらでもOKです)。
刊行年のみでも検索できます。
刊行月を指定した場合、年報など刊行月をもたないデータは検索できないことがあります。
例)刊行年月の範囲を「2001年1月〜2001年12月」と指定すると、"2001年刊行"というデータは検索されません。
*完全一致検索です。
キーワードからの検索
探したい記事のテーマや記事名・論題名にある文字から検索できます。
人名、企業・団体名、地名、テーマなど思いついたことばを入力します。
キーワードで検索するときは、関連語や類義語をスペースで区切って複数入力し、「いずれかを含む」を指定して検索するとより幅広い結果を得られます。
人名をキーワードにするときは、「姓名」の順に入力してください。ただし西洋人名は「名姓」の順でも検索できます。(姓名間のスペースは不要です)。その人物に関する記事が検索できます。
*論理演算についての説明はこちらをご覧ください。
*任意一致検索です。ことばを半角"で囲むと完全一致検索になります。
 例)"インターネット"
著者名からの検索
記事の著者、翻訳者、編者などの個人名または団体名から検索できます。
「姓名」の順で入力します(姓名間のスペースは不要です)。
例)○日外太郎 ×日外 太郎
西洋人名は「名姓」でも検索できます(姓名間のスペースは不要です)。
例)○キーンドナルド ○ドナルドキーン ○KeeneDonald ○DonaldKeene
団体名から検索する場合、略称のほかに正式名称もスペースで区切って入力し、「いずれかを含む」を指定すると検索もれを防ぐことができます。
例)NTTと日本電信電話、文科省と文部科学省など
*原綴りの入力についての説明はこちらをご覧ください。
*論理演算についての説明はこちらをご覧ください。
*前方一致検索です。ことばを半角"で囲むと完全一致検索になります。
 例)"日外太郎"
雑誌名からの検索
雑誌名から検索できます。また別誌名、旧誌名、他言語誌名などからも検索できます。(ただしそれらのデータがある場合に限ります)
雑誌名が途中までしかわからない場合でも検索できますが、同一名または類似名の雑誌がある場合は検索ノイズが増えるのでご注意ください。
アルファベット表記の誌名は、表記中のスペースを省略して入力します。
雑誌名の表記やヨミにばらつきがある場合も考えられるので、表記とヨミをスペースで区切って入力し、「いずれかを含む」と指定すると検索もれを防ぐことができます。
*論理演算についての説明はこちらをご覧ください。
*前方一致検索です。ことばを半角"で囲むと完全一致検索になります。
 例)"朝日ジャーナル"
出版者名からの検索
雑誌の出版者名、編者名から検索できます。
*前方一致検索です。ことばを半角"で囲むと完全一致検索になります。
 例)"日外アソシエーツ"
ISSN/ISBNからの検索
雑誌のISSN番号、書籍のISBN番号から検索できます。
ISSNは8桁、ISBNは10桁で入力します(全角・半角どちらでもOKです)。
*ハイフンは不要です。
*完全一致検索です。
ISSN(International Standard Serial Number:国際標準逐次刊行物番号)は、雑誌、新聞、年報などの、いわゆる逐次刊行物につけられた国際的な番号です。
ISBN(International Standard Book Number:国際標準図書番号)は、図書の流通の合理化を図るためにつけられた国際的な番号システムです。図書の受注・発注や在庫管理のほか、図書情報の検索キーとして利用されています。
検索の流れ 検索項目 論理演算の指定 入力方法 検索結果の閲覧方法 TOPへ
3.論理演算の指定
MAGAZINEPLUS
入力ボックス
思いついたことばをひとつまたは複数入力することができます。複数のことばを入力するときは、ことばとことばをスペースで区切ります。
リストボックス[検索項目の指定]
入力したことばが、キーワード、著者名、雑誌名、出版者名のいずれに該当するかを指定できます。
*各検索項目の説明はこちらをご覧ください。
リストボックス[AND/OR/NOTの指定]
[必ず含む] 複数のことばをスペースで区切って入力し、[必ず含む]を選択すると、入力したことばでAND検索をします。
また複数のボックスでそれぞれ[必ず含む]を選択した場合もAND検索をします。
[いずれかを含む] 複数のことばをスペースで区切って入力し、[いずれかを含む]を選択すると、入力したことばでOR検索をします。
ただし複数のボックスで[いずれかを含む]を選択した場合はOR検索をしませんのでご注意ください。この場合はAND検索となります。
[含まない] ことばを入力し[含まない]を選択すると、そのことばでNOT検索をします。また、複数のことばをスペースで区切って入力し、[含まない]を選択すると、[AND NOT (ことば OR ことば OR ことば)]という検索になります。
複数のボックスで[含まない]を選択した場合も[AND NOT]検索になります。
ただし[含まない]だけを選択した場合は検索結果の集合が大きくなりすぎて検索できない可能性がありますので、[必ず含む]検索や刊行年月検索などとの掛け合せをしてください。
(入力例)
下記のように入力すると・・・
'内閣' '政権' '政府' '国会' '政治'  のいずれかのキーワードを含み
かつ '予算'  というキーワードを必ず含み
かつ AERA を除く雑誌に掲載された記事情報を検索する。
画面見本
検索の流れ 検索項目 論理演算の指定 入力方法 検索結果の閲覧方法 TOPへ
4.入力方法
MAGAZINEPLUS
入力文字
以下はどちらを入力しても同じものとして検索します。
 *全角と半角
 *英字の大文字と小文字
 *音引き(長音記号)、マイナス、ダッシュ、ハイフン、にょろ(〜)
 *漢字の新字、旧字、異体字
 *ひらがなとカタカナ
 *バ・ビ・ブ・ベ・ボとヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ
 *拗音・促音と平音
濁音・半濁音と清音は区別して検索します。
キーワードのヨミは下記のように統一されています。
 「ヂ」→「ジ」 「ヅ」→「ズ」 「ヰ」→「イ」 「ヱ」→「エ」 「ヲ」→「オ」
「・」中黒「.」ピリオド、括弧類、プラス、マイナスなどの記号を含むキーワードは記号を除いて入力してください。
原綴りの入力
外国人は原綴りからも検索できます(ただし原綴りデータがある場合に限ります)。
中国人名、韓国・朝鮮人名は漢字表記のほか、日本語ヨミ、民族ヨミからも検索できます(ただし日本語ヨミ、民族ヨミデータがある場合に限ります)。
キリル文字では検索できません。
検索の流れ 検索項目 論理演算の指定 入力方法 検索結果の閲覧方法 TOPへ
5.検索結果の閲覧方法
MAGAZINEPLUS

 

検索結果の表示方法
再検索画面および一覧画面で、一画面あたりの表示件数(20件ずつ・50件ずつ・100件ずつ・200件ずつ)、表示項目、表示順序を指定することができます。
検索結果 の表示上限
検索結果は最大1000件まで表示することができます。
ページガイド
検索結果は画面の上下にあるページガイドで移動して表示させます。
< > は 今表示しているものから  1画面分移動した場所を表示する機能です。選択した件数が20件の場合は20件ずつ移動します。
<< >> は 今表示しているものから10画面分移動した場所を表示する機能です。選択した件数が20件の場合は200件ずつ移動します。

 

★採録雑誌名について

「MAGAZINEPLUS採録誌一覧・雑誌記事索引採録誌一覧」をご覧ください。

 

★海外企業紙誌について

・記事の原文が1000ワード以上ある場合、紙誌名の先頭に *印 を付けてあります。
   例) *American Machinist
・図、表、写真がある場合は以下のように表示してあります。
   例) 図  表  写  表図  表写  図写
・紙誌名は正式名称で表示してあります。
   2006年4月までは一部の紙誌名を略称で表示していました。
   当時の略称については「略称タイトル対応表」をご覧ください。

 

★論文集の刊行年月について

書籍に刊行年月が明記されていない場合、代わりにコピーライトの年を入れて年の先頭に c を付けてあります。
 例) c1985

 

★NDL請求記号について

雑誌記事索引の場合は国会図書館での請求記号が表示されます。

 

★日外整理No.について

日外整理No.は作業用のユニーク番号です。先頭の英字で採録ファイルが区別できます。
*資料の取り寄せ、注文などはできません。

G 学会論文
H 一般雑誌
JG 学会年報
JR 論文集
MJ 一般雑誌
MK 海外の産業・企業誌紙
MP 論文登録
MT 国内経済専門・業界誌
U 大学紀要論文
Y 雑誌記事索引
Z 雑誌記事索引
   
★OPAC連携機能について(大学図書館様向けのサービスです)

※現在ご利用されているMAGAZINEPLUSが図書館OPACとの連携をしている場合は、
  詳細画面の雑誌名等欄にリンクボタンがついています。 こちらの説明もご覧下さい。
   (連携がされているかどうかは図書館に確認して下さい)

    リンクボタンの例)  ○○大学OPAC

※リンクボタンをクリックすると、図書館のOPAC所蔵画面が開き、OPACのISSN検索を実行します。      

   ・所蔵している場合は、所蔵巻号、所在などの詳細が分かります。

   ・所蔵していない場合は、その雑誌が図書館に無いというメッセージが表示されます。
    ただし、これはISSN検索のみの結果ですので、誌名検索等を別途行うことにより所蔵の
    再確認をされることをお奨めします。     

※MAGAZINEPLUSにISSNがない雑誌にはリンクボタンは付きません。
  リンクボタンがない雑誌は、別途OPAC検索をして下さい。

  一般の月刊誌・週刊誌など、著名な雑誌でもISSNを持たない場合が多くありますので、ご注意下さい。

※図書館OPACとの連携機能が設定されていない場合は、別途OPAC検索をして下さい。

検索の流れ 検索項目 論理演算の指定 入力方法 検索結果の閲覧方法 TOPへ

 

 

お問い合わせは
日外アソシエーツ株式会社 営業本部

NICHIGAI/WEBサービスについて・・・web_service@nichigai.co.jp
WEB/NICHIGAI ASSISTについて・・・ web_who@nichigai.co.jp

各サービスの情報提供者